Notice

This multimedia story format uses video and audio footage. Please make sure your speakers are turned on.

Use the mouse wheel or the arrow keys on your keyboard to navigate between pages.

Swipe to navigate between pages.

Let's go

The "All-New" Lawo V__pro8

Logo http://lawo.pageflow.io/lawo-v__pro8-jp

最新のソフトウェア・アップデートによってビデオ・プロセシング・ツールキットV__pro8はラック・ユニット毎の機能性を高めてさらにパワフルになりました。

最新のソフトウェア・バージョンには強化されたA/Vシンク・ツールが追加されました。これはネイティブなV__lineシンク・パターンの生成/読取に加えて,8つの入力すべてのEBUパターンとVistek® VALID8フォーマットの読取も含みます。内蔵クワドスプリット・マルチビューワーはタリー・ランプも備えるようになり,これはEmber+を介して切り替え可能です。そのためマルチビューワーのタリーをスタジオの全体的なタリー・システムに組み込むことができます。

このような機能はV__pro8の能力の一部に過ぎません。このコンパクトで効率の良い1Uのユニットは放送局の様々なビデオ・プロセシング要求に答えることができます。下にスクロールして続きをお読みください。

*これらの機能を使用するにはオプションのご購入が必要です。

Goto first page
Video

V__pro8は異なる映像フォーマットを扱うための,そして音声と映像を統合するための完璧なツールです。高品質フォーマット変換とカラー補正と音声エンベディング/ディエンベディング機能を備えたV__pro8は,異なる世界や異なるフォーマット間を橋渡しする小型ながらパワフルなビデオ・プロセッサーとなっています。

インターフェイス
– SDI入力×8(3G/HD/SD)
– SDI出力×8(3G/HD/SD)
– クワドスプリット・マルチビューワー出力(DisplayPort 3G/SDI 3G/1080i)
– オプティカルMADI(入力×2/出力×2)
– ビデオ・リファレンス入力&ループスルー(BBまたはTriLevel)
– ビデオ・リファレンス出力(BBまたはTriLevel)
– ワードクロック入出力
– 1 Gbitイーサネット×2(制御)

このユニットにどのような信号を扱うことができるかをご理解いただけたはずです。V__pro8が何ができるかはスクロールして読み進めてください。

Goto first page

Lawo v  pro8 inputoutput thumbnails
信号を直感的に扱える入出力のサムネイル・オーバービュー
Fullscreen

内蔵映像/音声ルーター:8×8の映像ルーティング・マトリクスと384×384の音声ルーティング・マトリクスを提供。

フレーム・シンクロナイザー:入力される個別自走信号を同一リファレンス(BlackburstまたはTriLevel)に同期。

可変映像&音声ディレイ:入出力音声信号(最高320 msのディレイ)と映像信号(最高8フレームのディレイ)と間の遅延補正やリップシンク用。内的な映像遅延の自動補正用のAudio-Follow-Videoディレイ・モード。

SRC付きのエンベディング/ディエンベディング:8個のSDI入力/出力ストリーム内の16個の音声チャンネルのいくつにでも同時にエンベディング/ディエンベディング/シャッフルが可能。MADIを介してのミキシング・コンソールや外部音声ルーターへ音声接続。

Dolby E® Auto Aligner: Dolby®ストリームのタイミングを自動調整。

サラウンド・ダウンミックス: LAWOクオリティの5.1/7.1→ステレオへの自動ダウンミックスをエンベッダー毎に2系統提供。

タイムコード・インサーション:入力信号やフリーラン・モードから,または内蔵タイムコード・ジェネレーターからATC LTC/VITC1/VITC2を選択挿入。

テストパターン&ビデオIDジェネレーター:ビデオIDの挿入(テキスト,ソース,日付,タイムコード,時刻),カラーバー・テストパターン生成,音声試験信号音とAV同期テストパターンのセレクションを提供。

サムネイルによるプリビュー表示:映像信号の動画プリビューを提供。サムネイルはIPを介して利用でき,V__pro8のGUIあるいは外部のマスター制御システムやPC上に表示可能。

Lawo v  pro8 inputoutput thumbnails
信号を直感的に扱える入出力のサムネイル・オーバービュー
Close
Goto first page

Lawo v  pro8 colorcorrection
プロフェッショナル・クオリティのRGB&YUVカラー補正
Fullscreen

高品質アップ/ダウン/クロス&ARフォーマット・コンバーター: 3G/HD/SD-SDI信号を関連する放送フォーマットへ変換。マルチフォーマット映像出力:入力される1080p信号を1080iと720pに同時変換可能。次世代の動画適応型デインターレーシングおよびスケーリング技術が高画質を保証。

クワドスプリット・マルチビューワー:トゥルー・ピーク&ピーク・メーター表示,最高4系統のビデオ・ソースを同時表示するマルチビューワー出力(BNC/Display Port)を介したUMDとタリーのサポートも備えた高品質の映像/音声モニタリング・ソリューション。タリー・ランプはEmber+を介して制御でき,マルチビューワー・タリーを貴局のスタジオ制御システムの全体的なタリー・システムに統合することも可能です。機能強化されたTV制作でのマルチタリー・コンフィギュレーションに合わせて多色(RGB)もサポート。

波形表示とベクトルスコープ表示:映像信号の計測と監視,そしてV__pro8内で処理した映像調整の評価が可能になります。

RGB & YUVカラー補正とプロセッサー・アンプ:特定のカラー要求に合わせて映像信号を調節。高品質のアルゴリズムが優れた映像信号をお約束します。

AV Sync Measurement:音声信号と映像信号の正確な同期を管理するためのハイエンド計測ツールです。V__lineシンク・パターンを生成でき,3種類のシンク・パターン(V__line,EBU,Vistek® VALID8)を読取/分析できます。
V__pro8の各入力は供給されるVALID信号を読むのに使用できます。

Dolby E®エンコーディング/デコーディング:単一のAES3接続上でプロ品質マルチチャンネル音声の完全互換エンコーディング/デコーディングの最高4つのインスタンスをDolby E®メタデータ・ハンドリングと共に提供。Dolby E® Auto Alignerとの組み合わせによってV__pro8は多チャンネル制作向けの完璧な伝送パス・ゲートウェイとなります。

Lawo v  pro8 colorcorrection
プロフェッショナル・クオリティのRGB&YUVカラー補正
Close
Goto first page

機材側で信号を直にモニターしたいですか?

ハードウェア&モニタリング・パネルV__fp1をV__pro8に追加してください。ビデオ・ソースを高解像度OLEDカラー・モニターにリアルタイム表示でき,音声を前面パネルのヘッドフォン・コネクターから直接試聴できるようになります。V__fp1はV__pro8の直接的な設定/操作用のハードウェア・コントロールも提供します。これはスイッチ・パネルとショットボックスの機能も含みます。大径ロータリー・エンコーダー,コンフィギュレーションの保存/読込用USBポート,そしてソース切替用の10個のクイック選択ボタンによってV__pro8はさらに多才なソリューションとなります。

Goto first page
Close
Before/after view

THE LAWO WAY

このコンパクトなフルデジタル8チャンネル・ビデオ・プロセッサーは放送制作のワークフローに通常必要な接着剤のような機能を豊富に備えます。映像と音声の管理を単一のツールに組み合わせることによって,スペースと配線とコストをかなり低減しつつ最高度の効率と運用上の安全を確保できます。

主な利点
– 使い易さを向上
– スペースを大幅に縮小
– ケーブル配線とシステムの複雑さを低減
– スイス・アーミー・ナイフのような小型で多機能なプロセシング・ツールキット
– ワークフローの効率性を増大
– コスト低減

クリック&スライドしてクラシックな方法とLAWO社の提案する方法を比較してください。

放送設備やトラックやフライトパックを設計するにあたって次の選択肢があります:

クラシックな(従来の)方法を採用するか

放送設備がすでに出来上がっていて運用されている現場において
V__pro8は小さいボディながら高品質で多様な機能をもった「スイス・アーミー・ナイフ」のようなものです。:V__pro8があれば日々の仕事で遭遇する思いがけない問題の解決にも役立つでしょう...

Goto first page
Goto first page
Scroll down to continue
Swipe to continue